日本シリーズを汚した阪神・西岡の“意図的”守備妨害

公開日:  更新日:

 今年の日本シリーズは前代未聞の終幕だった。

 阪神は1勝3敗で迎えた第5戦、1点を追う九回に1死満塁のチャンスを迎える。ここで西岡の打球は一塁正面へ。本塁封殺後、捕手の細川は一塁へ送球すると、ファウルラインの内側を走っていた西岡の左手に当たった。ボールが転々とする間に二塁走者は本塁へ。ところが審判は西岡の守備妨害とジャッジ。併殺成立でゲームセットとなった。

「故意ではない」と語っていた西岡は翌日自身のフェイスブックで「ルールで内側に入って送球が当たれば守備妨害は百も承知です! ルールを知った上で打った瞬間ゲッツーになると思ったので、少しの可能性にかけて内側から外側に走って行くものを、ライン上スレスレを走って体に当たれと思いながら走ってました! 僕は送球が当たるときに足が外側にあればいいと思って走ったので、僕なりにルール上ギリギリのプレーはしたつもりでした!」と説明した。

 野球経験者なら誰でも一度ぐらいやったことがある「ギリギリのプレー」だが、舞台はプロ野球にとって最高のイベントである日本シリーズだ。頂上決戦を汚す意図的なルール違反と言われても反論できまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る