プロ3年目ツアー初V 渡邉彩香「複数回優勝」の強気宣言

公開日:  更新日:

 172センチ、62キロの恵まれた体格で、女子プロ3本の指に入る飛ばし屋として知られる渡邉彩香(21)。プロ3年目の2014年はツアー初優勝を遂げて、イーグル数8はランク1位、ベストショット賞にも輝いた。今、もっとも活躍が注目される若手に、15年の目標を聞いた。

――ツアー2年目の14年に初優勝しました。

 本音を言えば3月のアクサレディスに勝った後、もう1勝という目標を立てたのですが、達成できずに残念でした。

 でもツアー1年目と比べたら、体調が悪い時でも予選落ちが格段に減り(12試合→3試合)、優勝争いのチャンス(トップ10入り9試合)がいっぱいあって、成長を実感できる一年でした。タフな設定の全米女子オープン、全英女子オープンと海外メジャー挑戦も貴重な経験になった。

 飛ぶけど曲がる、とドライバーにも少し不安を感じていましたが、やはり私の武器はドライバーのフェードボールなんだ、と再確認できた。飛距離も方向性ももっと自信を持って打っていい、と世界でわかったのは大きな収穫です。ドライバー飛距離は今、平均260ヤード。オフにはもっとトレーニングを積んで、だれにも負けないように飛距離を伸ばしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る