周囲が懸念…米女子ツアー参戦が決まった横峯さくらの身体

公開日:  更新日:

 来季の米女子ツアー参戦が決まった横峯さくら(29)は今月20日、夫でメンタルトレーナーの森川陽太郎氏(33)と都内で挙式。今後は1月中旬の渡米に備えるそうだが、向こうの暮らしは楽ではない。

 さくらといえば、トーナメント会場にキッチンカーを持ち込み、母親や栄養管理士が作る食事で故障しない体をつくりあげた。昨年8月のNEC軽井沢まで、88年のツアー制度施行以降の最長記録となる101試合連続予選通過記録を作れたのも、他の選手がうらやむ「自炊」のおかげだった。

 関係者が言う。

「実は米ツアーには料理が得意な母親の絹子さんは帯同しない。夫とマネジャーの3人で戦う。向こうのツアーは移動時間が長い。慣れないホテル住まいとなれば、食事は手早く済ませたくなる。入籍当初のさくらはブログで『栄養面も考えて料理を作り、彼を支えていけたらいい』と語っていたが、当時は米ツアー参戦は頭になかった。米国ではファストフードやインスタント食品がメーンにならないか。いずれにしても栄養管理なんてとても無理。4月には入籍した直後の試合で予選落ち。2年連続3位以内の相性のいい大会でしたから、『やっと夫婦になれて燃えちゃったのかな』なんて声もあった。米国では度を越えたアッチのことも心配ですよ」

 何事もほどほどに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る