日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフ界に波紋を投げたマキロイの「ゲーム簡略化」提言

 世界ランク1位の提言は発信力がある。

 男子ゴルフのR・マキロイ(25)は16日、BBC(英国放送協会)のラジオ番組で「ゴルフコースで5~6時間も使える時代は終わった」と発言。一般アマチュアの競技人口を増やしたいなら、時間短縮のためにゲームの簡略化を考えるべきだと提言した。

 欧米ではこの10年でゴルフ人口が500万人も減少。主な理由に、プレー時間の長さもあるといわれている。そこで1ラウンドを9ホールで終わりにしたり、直径が10.8センチのグリーンのカップを約38センチにするなどの方法を取り入れているコースもある。

 プロの競技はもちろん1ラウンド18ホールプレーではあるが、特にメジャー大会ではスロープレーに対して厳しくなった。昨年の全英オープン3日目には松山英樹が1罰打を科せられたことは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事