• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第1回>逸ノ城と角界をつないだ「モンゴルルート」の深淵

 本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、しこ名は逸ノ城(21)。彼が来日したのは現地の中学校卒業後だ。モンゴルの大草原で育った少年は鳥取城北高校に入学し、相撲に精進。相撲ファンでなくとも、その名を知らない者はいない力士に成長した。

 92年に元旭鷲山(41)、旭天鵬(40)らが来日してから23年、いまや土俵はモンゴル人力士が席巻している。彼らはいったい、どのようなルートで日本に来て、相撲部屋に入門するのか。

 逸ノ城が卒業した鳥取城北高校相撲部は、その有力ルートのひとつだ。これまで輩出したモンゴル人力士は5人。一見、少ないように見えるが、親方たちの眼鏡にかなわなかったモンゴル人を含めるとその数倍は入部している。

 それだけ数を集められるのは鳥取市とモンゴルの首都、ウランバートルが姉妹都市だからだ。そのため、日本での出世を夢見る者が留学生としてやってくる。入学するのは現地のセレクションで選抜された者たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る