日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第1回>逸ノ城と角界をつないだ「モンゴルルート」の深淵

 本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、しこ名は逸ノ城(21)。彼が来日したのは現地の中学校卒業後だ。モンゴルの大草原で育った少年は鳥取城北高校に入学し、相撲に精進。相撲ファンでなくとも、その名を知らない者はいない力士に成長した。

 92年に元旭鷲山(41)、旭天鵬(40)らが来日してから23年、いまや土俵はモンゴル人力士が席巻している。彼らはいったい、どのようなルートで日本に来て、相撲部屋に入門するのか。

 逸ノ城が卒業した鳥取城北高校相撲部は、その有力ルートのひとつだ。これまで輩出したモンゴル人力士は5人。一見、少ないように見えるが、親方たちの眼鏡にかなわなかったモンゴル人を含めるとその数倍は入部している。

 それだけ数を集められるのは鳥取市とモンゴルの首都、ウランバートルが姉妹都市だからだ。そのため、日本での出世を夢見る者が留学生としてやってくる。入学するのは現地のセレクションで選抜された者たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事