<第1回>逸ノ城と角界をつないだ「モンゴルルート」の深淵

公開日:  更新日:

 本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、しこ名は逸ノ城(21)。彼が来日したのは現地の中学校卒業後だ。モンゴルの大草原で育った少年は鳥取城北高校に入学し、相撲に精進。相撲ファンでなくとも、その名を知らない者はいない力士に成長した。

 92年に元旭鷲山(41)、旭天鵬(40)らが来日してから23年、いまや土俵はモンゴル人力士が席巻している。彼らはいったい、どのようなルートで日本に来て、相撲部屋に入門するのか。

 逸ノ城が卒業した鳥取城北高校相撲部は、その有力ルートのひとつだ。これまで輩出したモンゴル人力士は5人。一見、少ないように見えるが、親方たちの眼鏡にかなわなかったモンゴル人を含めるとその数倍は入部している。

 それだけ数を集められるのは鳥取市とモンゴルの首都、ウランバートルが姉妹都市だからだ。そのため、日本での出世を夢見る者が留学生としてやってくる。入学するのは現地のセレクションで選抜された者たちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る