今年のセンバツは不作? プロが目玉選手に付けた“値段”

公開日:  更新日:

「タマがいないなぁ」
 今年のセンバツ、こう言って苦笑いを浮かべるネット裏のスカウトは少なくなかった。
 今秋ドラフトの目玉右腕の安楽(済美)、昨夏の優勝投手・高橋(前橋育英)は不在。
 
「目立ったのはチームを4強に導いた左腕・田嶋大樹(佐野日大)と、野手では初戦で1試合2本塁打をマークした岡本和真(智弁学園)くらい」と彼らはクチをそろえる。

 田嶋については、巨人の山下スカウト部長が「ドラフト3、4位の選手じゃない。1位もある」と大絶賛すれば、広島の苑田スカウト部長も「145キロの速球に加えて、スライダーがいい。僕は何十年とスカウトをやっているが、アマ時代に変化球がいい投手はプロで大成する。アーム投げに見えて肩肘の可動域が広いので、リリースの時に肘が前に出ている。肩、肘を壊すタイプではないと思う。大野雄大(佛教大→中日)も大学時代は田嶋と似たようなフォームだったが、プロに入って修正できている」と評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る