王氏巨人OB会長退任 “後ろ盾”なき原監督に強まる風当たり

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの王球団会長が巨人のOB会長を退任し、柴田勲副会長(70)を新会長に選出した。これでうかうかしていられなくなったのは原辰徳監督(56)だ。王OB会長が6年間務めた間にV逸したのは10、11年の2度。ともにリーグ3位だった。某OBが言う。

「優勝できなかった年は当然、原監督の采配を疑問視する声も上がる。そういう時は決まって王さんが擁護していた」

 リーグ3位に終わった11年、巨人はソフトバンクから杉内とホールトンの左右の両エースを、横浜から主砲の村田を獲得。それでも王会長はOB総会の席で「大変だと思うけど頑張って」と原監督を激励している。

「王さんは球団会長を務めるソフトバンクから主力を引き抜かれても、『OB会は現場に介入しない』の信念のもと、原監督を気遣い続けた。『強硬派OB』の意見も、王さんの名前で抑えられていたものが、これからはなくなる。原監督への風当たりは強くなるだろう。今年はCSで阪神に4連敗。来年で計12年目の長期政権による閉塞感、若手が伸びずに世代交代が進まない停滞感を指摘する口さがないOBもいる。これを機に松井秀喜や、まだ現役とはいえ、高橋由監督待望論が湧き上がってもおかしくはない」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る