王氏巨人OB会長退任 “後ろ盾”なき原監督に強まる風当たり

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの王球団会長が巨人のOB会長を退任し、柴田勲副会長(70)を新会長に選出した。これでうかうかしていられなくなったのは原辰徳監督(56)だ。王OB会長が6年間務めた間にV逸したのは10、11年の2度。ともにリーグ3位だった。某OBが言う。

「優勝できなかった年は当然、原監督の采配を疑問視する声も上がる。そういう時は決まって王さんが擁護していた」

 リーグ3位に終わった11年、巨人はソフトバンクから杉内とホールトンの左右の両エースを、横浜から主砲の村田を獲得。それでも王会長はOB総会の席で「大変だと思うけど頑張って」と原監督を激励している。

「王さんは球団会長を務めるソフトバンクから主力を引き抜かれても、『OB会は現場に介入しない』の信念のもと、原監督を気遣い続けた。『強硬派OB』の意見も、王さんの名前で抑えられていたものが、これからはなくなる。原監督への風当たりは強くなるだろう。今年はCSで阪神に4連敗。来年で計12年目の長期政権による閉塞感、若手が伸びずに世代交代が進まない停滞感を指摘する口さがないOBもいる。これを機に松井秀喜や、まだ現役とはいえ、高橋由監督待望論が湧き上がってもおかしくはない」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る