日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリーンズ入りイチロー 通算3000安打で手にする特別賞与

 メジャー15年目にして初めてナ・リーグでプレーすることになった。

 昨季終了後、ヤンキースからFAとなっていたイチロー(41)が23日(日本時間24日)、マイアミ・マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)で合意した。米国の主要メディアがこぞって伝えている。週明けにもメディカルチェックを行い、異常がなければ正式にサインするとみられる。

 マーリンズの外野陣はメジャー屈指のタレント揃いだ。ゴールドグラブを受賞した左翼のイエリッチ、強肩のオズナ、昨年11月に米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約380億円)で契約した本塁打王(37本)のスタントンの3人は不動のメンバーだ。イチローは「4人目の外野手」として毎試合、ベンチスタートとなる。

 今季のイチローの目標は残り156本と迫ったメジャー通算3000安打達成だ。米メディアは詳細は明らかにしていないものの、イチローの契約には出場試合数、打席数などに応じて出来高が付くそうだ。出場機会が増えれば増えるほど、3000安打を達成する可能性は高まる。一定の条件をクリアして、3000安打を達成すれば特別ボーナスを手にしそうだ。

 控えの外野手だった昨季は143試合(385打席)で102安打。今季中の大台到達は厳しいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事