• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリーンズ入りイチロー 通算3000安打で手にする特別賞与

 メジャー15年目にして初めてナ・リーグでプレーすることになった。

 昨季終了後、ヤンキースからFAとなっていたイチロー(41)が23日(日本時間24日)、マイアミ・マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)で合意した。米国の主要メディアがこぞって伝えている。週明けにもメディカルチェックを行い、異常がなければ正式にサインするとみられる。

 マーリンズの外野陣はメジャー屈指のタレント揃いだ。ゴールドグラブを受賞した左翼のイエリッチ、強肩のオズナ、昨年11月に米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約380億円)で契約した本塁打王(37本)のスタントンの3人は不動のメンバーだ。イチローは「4人目の外野手」として毎試合、ベンチスタートとなる。

 今季のイチローの目標は残り156本と迫ったメジャー通算3000安打達成だ。米メディアは詳細は明らかにしていないものの、イチローの契約には出場試合数、打席数などに応じて出来高が付くそうだ。出場機会が増えれば増えるほど、3000安打を達成する可能性は高まる。一定の条件をクリアして、3000安打を達成すれば特別ボーナスを手にしそうだ。

 控えの外野手だった昨季は143試合(385打席)で102安打。今季中の大台到達は厳しいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る