3000本安打目指すイチローがア・リーグに固執する理由

公開日:  更新日:

 ブルージェイズ、マーリンズ、オリオールズなどが獲得に興味を示しているものの、いまだ所属先が決まらないイチロー(41=ヤンキースFA)か、ア・リーグでのプレーを希望しているという。

 01年にマリナーズに移籍して以来、昨季のヤンキースまで一貫してア・リーグでプレーしてきた。なじみのないナ・リーグよりも慣れ親しんだアの球団との交渉を優先しているというが、そこにはイチローなりの計算がある。

 イチローは今季の目標に、あと156本に迫ったメジャー通算3000本安打を挙げた。昨季のヤンキースのように、新天地でもレギュラーを確約される保証はなく、今季もベンチ待機を強いられれば、大台に到達するのは厳しい。イチローは投手の代打として起用されるナよりもDH制を採用しているアの方がより多くの出場機会を得られると踏んでいるらしい。

 かつては安打製造機として日米のファンの注目を浴びたが、ここ数年はレンジャーズ・ダルビッシュ有、ヤンキース・田中将大らの活躍で脇役だ。アならば日本人投手がいないナよりも、ダルや田中らとの対戦で日本での露出も増える。イチローがアでプレーしたいのは存在感をアピールする思惑もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る