• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年目で一軍キャンプも 西武・森友哉を待つ「リード」猛特訓

 未完の大器を待つのは英才教育か、受験前の追い込みか。

 西武の森友哉(19)が2年目のキャンプで初めて一軍スタートすることが決まった。昨季はキャンプから二軍暮らしが続くも、7月に鮮烈デビュー。高卒新人ながら3戦連続本塁打とファンの度肝を抜いた。

 すでにバットは一軍レベル。球界では「城島以来の打てる捕手」だけに西武首脳陣もスタメンで使いたいが、ではどこを守らせればいいのか。

 本業の捕手は肩こそ強いものの、キャッチングはイマイチ。リードに至ってはサッパリだ。昨季24試合でマスクをかぶれたのは、Bクラスからの挽回が不可能と判断した首脳陣が育成を重視させただけ。正捕手の炭谷がFAせずに残留したのも、「正捕手の座を奪われることはまずない」と判断したからだろう。

 一塁とDHは昨季本塁打王を分け合った中村とメヒアの定位置。となれば、やはり森は捕手として一人前になってもらうしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る