46年ぶり3戦連発弾 西武新人・森友哉が語る戸惑いと自信

公開日: 更新日:

 規格外の新人がファンの度肝を抜いた。西武のドラ1ルーキー、森友哉(19)が14、15、16日に3試合連続本塁打。高卒新人の3戦連発は68年の江島(中日)以来となる46年ぶり3人目という大記録。8月1日の楽天戦ではやはり高卒新人としては06年の炭谷(西武)以来となるスタメンマスクもかぶった。17日の日本ハム戦では大谷との対決は実現せず、延長十二回の2死から代打で出場。4戦連発かと思わせる特大ファウルで遅くまで残っていたファンを沸かせたが、結果は四球。もっか10試合で13打数6安打、3本塁打、3打点、打率・462と、堂々たる数字だ。その森を直撃した。

――左翼、右翼、中堅と打ち分けた3戦連続ホームランは誰もが驚いた。

「ありがとうございます(笑い)。でも、たまたまですよ」

――一軍の感覚はどう? 例えば、面白さとか難しさとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る