ゴメスの来日遅れに右往左往する阪神フロントの“過剰反応”

公開日: 更新日:

「放っておけばええのに、球団は何を慌てとるんやろなぁ」

 在阪放送関係者が呆れながらこう話すのが阪神・ゴメス(30)の来日遅れに対する球団フロントの対応だ。

 ゴメスは現地時間26日(日本時間27日)に母国のドミニカ共和国で車上荒らしに遭い、パスポートを紛失。再発行手続き中のため、1日から始まる春季キャンプ初日に間に合わないことが確実視されている。阪神はこの問題に過剰反応。来日を少しでも早めようと、担当者を現地に派遣することまで示唆している。

 ゴメスといえば、昨年も長女の体調不良により来日が遅れた「前科」がある。和田監督や球団フロントはその前科もあって、「他の選手に示しがつかない」とピリピリしているようだが、たかがひとりの助っ人の来日延期に球団が右往左往するのはいかがなものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る