ゴメスの来日遅れに右往左往する阪神フロントの“過剰反応”

公開日:  更新日:

「放っておけばええのに、球団は何を慌てとるんやろなぁ」

 在阪放送関係者が呆れながらこう話すのが阪神・ゴメス(30)の来日遅れに対する球団フロントの対応だ。

 ゴメスは現地時間26日(日本時間27日)に母国のドミニカ共和国で車上荒らしに遭い、パスポートを紛失。再発行手続き中のため、1日から始まる春季キャンプ初日に間に合わないことが確実視されている。阪神はこの問題に過剰反応。来日を少しでも早めようと、担当者を現地に派遣することまで示唆している。

 ゴメスといえば、昨年も長女の体調不良により来日が遅れた「前科」がある。和田監督や球団フロントはその前科もあって、「他の選手に示しがつかない」とピリピリしているようだが、たかがひとりの助っ人の来日延期に球団が右往左往するのはいかがなものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る