日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴメスの来日遅れに右往左往する阪神フロントの“過剰反応”

「放っておけばええのに、球団は何を慌てとるんやろなぁ」

 在阪放送関係者が呆れながらこう話すのが阪神・ゴメス(30)の来日遅れに対する球団フロントの対応だ。

 ゴメスは現地時間26日(日本時間27日)に母国のドミニカ共和国で車上荒らしに遭い、パスポートを紛失。再発行手続き中のため、1日から始まる春季キャンプ初日に間に合わないことが確実視されている。阪神はこの問題に過剰反応。来日を少しでも早めようと、担当者を現地に派遣することまで示唆している。

 ゴメスといえば、昨年も長女の体調不良により来日が遅れた「前科」がある。和田監督や球団フロントはその前科もあって、「他の選手に示しがつかない」とピリピリしているようだが、たかがひとりの助っ人の来日延期に球団が右往左往するのはいかがなものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事