選手拍子抜け…巨人宮崎キャンプ“大甘スタート”の裏事情

公開日:  更新日:

「チームを解体する」

 原監督がそう宣言する今季、1日に宮崎市内で始まった巨人のキャンプも初日から、さぞ厳しいものになるのだろう、と選手は覚悟した。前日には原監督が「『新成』という(今年の)スローガンに『野性味』を加えたい。力強さ、ワイルドさを身につけていかないとね。練習にしても、自分で考えて行動してほしい。自立するのが野性の本質。今年は野性的に戦う」と繰り返したから、なおさらだった。

 が、勇ましいのは掛け声だけだった。例えば、新主将の坂本勇人(26)である。自主トレで腰痛を発症した影響で、完全別メニュー。朝10時に球団トレーナーを伴って“独りぼっち”で始動したものの、患部の様子を見ながらのウオーミングアップ、軽めのダッシュを終えると、スイッチが入った。キャッチボール、守備練習をこなしたあと、「体感150~160キロ」の高速マシンを相手に、フルスイングの打撃練習を敢行。チーム関係者を「ホントに故障してるの!?」と驚かせた坂本が、練習後にこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る