休日もマシン打撃…日ハム“二刀流”大谷 「驚異の練習量」

公開日:  更新日:

 投打の二刀流なのだから、人の倍、練習しなきゃならないという理屈は分かる。しかし、理屈通りにはなかなかいかないもの。まして「10勝、10本塁打」をクリア、すでにチーム内で確固たる地位を確立したのだからなおさらだが、本当に他の選手の2倍、練習しているのが日本ハムの3年目・大谷翔平(20)だ。

 キャンプ初の休日となった5日、2年目の渡辺(19)を伴って宿舎を出ると室内練習場へ。交互に1時間強、マシン打撃を繰り返すと、終了後は砂浜をジョギングした。

 球場を後にするのは連日、いちばん最後。投手中心の練習日は、居残りで特打。ウエートトレーニングまでやってから引き揚げるのが日課になっている。表彰式やイベントに引っ張りだこだったオフは、夜、だれもいない室内練習場で打ち込んだりもした。

 6日の紅白戦は4番DHで出場予定。本人によれば、球の見極めがテーマだという。初の実戦でどんな打撃をみせるのか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る