休日もマシン打撃…日ハム“二刀流”大谷 「驚異の練習量」

公開日: 更新日:

 投打の二刀流なのだから、人の倍、練習しなきゃならないという理屈は分かる。しかし、理屈通りにはなかなかいかないもの。まして「10勝、10本塁打」をクリア、すでにチーム内で確固たる地位を確立したのだからなおさらだが、本当に他の選手の2倍、練習しているのが日本ハムの3年目・大谷翔平(20)だ。

 キャンプ初の休日となった5日、2年目の渡辺(19)を伴って宿舎を出ると室内練習場へ。交互に1時間強、マシン打撃を繰り返すと、終了後は砂浜をジョギングした。

 球場を後にするのは連日、いちばん最後。投手中心の練習日は、居残りで特打。ウエートトレーニングまでやってから引き揚げるのが日課になっている。表彰式やイベントに引っ張りだこだったオフは、夜、だれもいない室内練習場で打ち込んだりもした。

 6日の紅白戦は4番DHで出場予定。本人によれば、球の見極めがテーマだという。初の実戦でどんな打撃をみせるのか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る