• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロサリオまで離脱…まるで呪われている広島助っ人外国人

 またひとり、グラウンドからいなくなった。8日、広島のロサリオ外野手(25)がダウン。前日から頭痛や発熱、腹痛の症状を訴え、病院で診察を受けたところ「急性虫垂炎」と診断された。現在は投薬のみで、手術や入院の予定はなし。キャンプ復帰時期も今後の経過次第だという。

 病気だから仕方ないにせよ、首脳陣からすれば「またか……」という心境じゃないか。左の中継ぎとして期待された109キロの巨漢ザガースキー(32)は、4日の守備練習中に右足首を負傷。靱帯損傷で全治3週間だ。さらに7日は抑え候補のヒース(29)がインフルエンザに感染。トドメといわんばかりに、昨季出場数は69試合ながら14本塁打、49打点、打率.336の好成績を残したロサリオまでも離脱した。

 いずれも期待されている助っ人外国人が立て続けにアクシデントに見舞われたのだ。今季は黒田復帰、マエケン残留でリーグ制覇を狙っている広島。せめて「シーズン中ではなくキャンプ中でよかった」と思うしかないが、とりあえずおはらいでもした方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る