ロサリオまで離脱…まるで呪われている広島助っ人外国人

公開日:  更新日:

 またひとり、グラウンドからいなくなった。8日、広島のロサリオ外野手(25)がダウン。前日から頭痛や発熱、腹痛の症状を訴え、病院で診察を受けたところ「急性虫垂炎」と診断された。現在は投薬のみで、手術や入院の予定はなし。キャンプ復帰時期も今後の経過次第だという。

 病気だから仕方ないにせよ、首脳陣からすれば「またか……」という心境じゃないか。左の中継ぎとして期待された109キロの巨漢ザガースキー(32)は、4日の守備練習中に右足首を負傷。靱帯損傷で全治3週間だ。さらに7日は抑え候補のヒース(29)がインフルエンザに感染。トドメといわんばかりに、昨季出場数は69試合ながら14本塁打、49打点、打率.336の好成績を残したロサリオまでも離脱した。

 いずれも期待されている助っ人外国人が立て続けにアクシデントに見舞われたのだ。今季は黒田復帰、マエケン残留でリーグ制覇を狙っている広島。せめて「シーズン中ではなくキャンプ中でよかった」と思うしかないが、とりあえずおはらいでもした方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る