日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト新ストッパー オンドルセクの“オレ流”省エネ調整

「ボクはブルペンで40球以上は投げないことにしているんだ」

 破格の120万ドル(約1億4000万円)で契約したヤクルトのストッパー候補、新助っ人のオンドルセク(29)がこう言った。

 メジャー通算21勝、203センチの長身右腕は8日、3度目となるブルペンで約30球を投げた。「米国にいる時からやってきたこと。向こうでは8~10分という決められた時間の中でブルペンに入る。このルーティンを続けていくつもりだ。投げすぎて状態が悪くなってもよくない。実際の試合で40球以上投げることになったら、それは状態が悪いということだからね」と話した。

 高津投手コーチも、助っ人の考えを尊重し、「徐々に良くなってきているし、ゆっくり開幕に合わせてくれたらいい」と言う。米国にいればキャンプすら始まっていない時期だけに、本領はまだまだこれからということなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事