ヤクルト新ストッパー オンドルセクの“オレ流”省エネ調整

公開日: 更新日:

「ボクはブルペンで40球以上は投げないことにしているんだ」

 破格の120万ドル(約1億4000万円)で契約したヤクルトのストッパー候補、新助っ人のオンドルセク(29)がこう言った。

 メジャー通算21勝、203センチの長身右腕は8日、3度目となるブルペンで約30球を投げた。「米国にいる時からやってきたこと。向こうでは8~10分という決められた時間の中でブルペンに入る。このルーティンを続けていくつもりだ。投げすぎて状態が悪くなってもよくない。実際の試合で40球以上投げることになったら、それは状態が悪いということだからね」と話した。

 高津投手コーチも、助っ人の考えを尊重し、「徐々に良くなってきているし、ゆっくり開幕に合わせてくれたらいい」と言う。米国にいればキャンプすら始まっていない時期だけに、本領はまだまだこれからということなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る