ヤクルト新ストッパー オンドルセクの“オレ流”省エネ調整

公開日: 更新日:

「ボクはブルペンで40球以上は投げないことにしているんだ」

 破格の120万ドル(約1億4000万円)で契約したヤクルトのストッパー候補、新助っ人のオンドルセク(29)がこう言った。

 メジャー通算21勝、203センチの長身右腕は8日、3度目となるブルペンで約30球を投げた。「米国にいる時からやってきたこと。向こうでは8~10分という決められた時間の中でブルペンに入る。このルーティンを続けていくつもりだ。投げすぎて状態が悪くなってもよくない。実際の試合で40球以上投げることになったら、それは状態が悪いということだからね」と話した。

 高津投手コーチも、助っ人の考えを尊重し、「徐々に良くなってきているし、ゆっくり開幕に合わせてくれたらいい」と言う。米国にいればキャンプすら始まっていない時期だけに、本領はまだまだこれからということなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る