ヤクルト真中満新監督が就任早々語った「チーム再建策」

公開日: 更新日:

「2年連続最下位という厳しい状況ではありますが、必ずやチームをいい方向に持っていけると確信しています」

 8日、ヤクルトの新監督に就任した真中満監督(43=前一軍チーフ打撃コーチ)が力強い言葉で監督就任挨拶を行った。ヤクルトは今季、首位巨人から21ゲーム差の最下位に沈み、小川監督が任期満了で退任。低迷するチームの舵取りを任された青年監督に本紙が独占直撃を敢行。自身が目指す野球、チーム再建策、優勝争いのライバル巨人のことなどを語ってくれた。

■「Aクラスは十分狙える」

──監督を要請された時の率直な気持ちは?

「自分としては現役、コーチ、二軍監督、一軍打撃コーチと段階を踏んできて、そういう話があればしっかりできるように準備してきたつもりです。俺が監督をやったなら、こうしようというプランを持って取り組んできた。監督の仕事は重責ではありますが、やりがいを感じています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  2. 2

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  3. 3

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  7. 7

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る