投球内容納得せず 5年目で消えた日ハム斎藤佑の“自信過剰”

公開日:  更新日:

 その表情は険しかった。8日、日本ハムの斎藤佑樹(26)が紅白戦に先発。若手野手に3失策と足を引っ張られながらも2回を2安打1失点、自責点ゼロに収めた。

 しかし、試合後は笑顔ひとつなし。

「納得はしていません。直球もスライダーも、まだまだ精度を上げなきゃいけない。良かった点?今日に関してはあまりない。次は今日のことをすべて修正したい」と話し、報道陣に「(キャンプ序盤の)この時期にそうしたことに気付いたが」と聞かれると、「この時期でも遅いですよね、気付くのが」と自嘲気味に言い捨てた。

 去年までの斎藤ならば、同じ内容でも「手応えはいい」と言っていただろう。かつては練習試合やオープン戦などでボコボコに打たれても、「収穫はあった」と胸を張っていたものだ。

 しかし、さすがに5年目ともなるとノンキなことは言ってられない。過去4年間では13勝16敗。もたもたしている間に大谷だけでなく、浦野や上沢といった若手投手陣に追い抜かれた。

「今日の感じならば、斎藤らしい投球ができる可能性はある」と話した栗山監督。自分を速球派だの本格派だのと勘違いしてきた斎藤がようやく現実を見つめられるようになった。

 少しばかり遅すぎる気がしないでもないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る