「去年の分取り返す」 スッタモンダ更改の中日大島が決意語る

公開日:  更新日:

 12日のシート打撃で存在感を見せたのが大島洋平(29)だ。

 安打こそなかったが、1打席目にはファウルで粘って四球を選ぶと、すかさず盗塁。前日は3安打2打点と「らしさ」を見せている。

 このオフの契約更改では落合GMから、「今年(14年)の守備だったら、俺なら使わない」と厳しい言葉を浴びせられ、2度も保留。年俸もわずか1775万円増にとどまるなど辛酸をなめた。

 その大島に昨季の契約更改のことを改めて聞くと、「まあ、それはそれ……今年はドラゴンズでやるわけですし。もう関係ないですよ。去年の分を今年取り返してやるってくらいの気持ちでやっています。去年以上の成績を残したい」と、意気込みは十分。

 最多安打、首位打者のタイトル獲得を目標に掲げており、「中堅から逆方向に低くて強い打球を打てるようにというイメージを持って練習しています。安打の確率も高くなるわけですから。自主トレから体の向き、トップの入り方といったところを考えながらやっている」と言う。

 中日は昨オフ、金子(オリックス)、中島(現オリックス)らの獲得に乗り出すも失敗。大した補強がない中、大島の活躍なくしてAクラス浮上はない。落合GMは「俺なら使わない」なんて言ってたが、大島が目立たなければ自分のクビが危うくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る