• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「去年の分取り返す」 スッタモンダ更改の中日大島が決意語る

 12日のシート打撃で存在感を見せたのが大島洋平(29)だ。

 安打こそなかったが、1打席目にはファウルで粘って四球を選ぶと、すかさず盗塁。前日は3安打2打点と「らしさ」を見せている。

 このオフの契約更改では落合GMから、「今年(14年)の守備だったら、俺なら使わない」と厳しい言葉を浴びせられ、2度も保留。年俸もわずか1775万円増にとどまるなど辛酸をなめた。

 その大島に昨季の契約更改のことを改めて聞くと、「まあ、それはそれ……今年はドラゴンズでやるわけですし。もう関係ないですよ。去年の分を今年取り返してやるってくらいの気持ちでやっています。去年以上の成績を残したい」と、意気込みは十分。

 最多安打、首位打者のタイトル獲得を目標に掲げており、「中堅から逆方向に低くて強い打球を打てるようにというイメージを持って練習しています。安打の確率も高くなるわけですから。自主トレから体の向き、トップの入り方といったところを考えながらやっている」と言う。

 中日は昨オフ、金子(オリックス)、中島(現オリックス)らの獲得に乗り出すも失敗。大した補強がない中、大島の活躍なくしてAクラス浮上はない。落合GMは「俺なら使わない」なんて言ってたが、大島が目立たなければ自分のクビが危うくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る