日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日大島が3度目でサイン 野球選手はなぜあっさり“陥落”?

 18日、球団と契約交渉で火花を散らしてきた中日の大島洋平(29)が“陥落”。3度目の交渉の席で、これまでと変わらない1775万円アップの7400万円でサインした。

「どっちかが折れないと終わらない。(年俸調停は)嫁に『やったから納得できるというわけじゃないでしょ』と言われたのが大きかった」と、自らを納得させるように話した。

 同日、かねてから球団にポスティングを訴えてきた広島の前田健太(26)も、今オフのメジャー挑戦を断念。以前から松田オーナーに「今季の成績(11勝9敗、防御率2・60)じゃ難しい」と言われており、希望を引っ込めた。

 本来プロは、個人事業主。「オレは大島商店の社長だ」と強気で交渉をしてもいいはずだが……。人事コンサルタントの菅野宏三氏は、「野球選手のサラリーマン化」を指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事