中日大島が3度目でサイン 野球選手はなぜあっさり“陥落”?

公開日: 更新日:

 18日、球団と契約交渉で火花を散らしてきた中日大島洋平(29)が“陥落”。3度目の交渉の席で、これまでと変わらない1775万円アップの7400万円でサインした。

「どっちかが折れないと終わらない。(年俸調停は)嫁に『やったから納得できるというわけじゃないでしょ』と言われたのが大きかった」と、自らを納得させるように話した。

 同日、かねてから球団にポスティングを訴えてきた広島前田健太(26)も、今オフのメジャー挑戦を断念。以前から松田オーナーに「今季の成績(11勝9敗、防御率2・60)じゃ難しい」と言われており、希望を引っ込めた。

 本来プロは、個人事業主。「オレは大島商店の社長だ」と強気で交渉をしてもいいはずだが……。人事コンサルタントの菅野宏三氏は、「野球選手のサラリーマン化」を指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る