当時の投手コーチが振り返る「地獄の伊東キャンプ」の真実

公開日: 更新日:

 走り込みを終え、ヘトヘトになってグラウンドに戻ってくる投手陣を見ると、長嶋監督は喜んだ。

「馬場平からグラウンドに戻る途中の山道に60段くらいの階段があった。グラウンドから一塁ベンチの上を見上げると、ちょうど見える位置でね。監督にサービスしてあげようと、何度か途中でバスを降ろさせ、階段上り5本! と選手にやらせたりもした。這うように階段を上る選手を見て、監督が実にうれしそうにグラウンドから『足が動いてないぞーっ!』などと大声を張り上げる。選手はたまらなかっただろうね(笑い)」

 キャンプ後半、投手陣にはフリー打撃に登板させた。その際、マウンドの前に置く防球ネットを撤去。これも、高橋氏の発案だった。

「ミスターも杉下さんも『善ちゃん、それは危ない。大丈夫か?』と心配したけど、『集中してやれば、球なんか当たりません。仮に当たって骨折しても、開幕まで4カ月ある。骨もひっつくでしょ』と。選手には『当たりたくなかったら、打たれなきゃいい。全力で投げりゃいいだけだ』とだけ言ってね。結局、あのキャンプでは故障者が一人も出なかった。選手の、というより、人間の底力を感じました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る