山崎裕之氏が分析 2年目森友哉が今季西武「打のキーマン」

公開日:  更新日:

【2015 キャンプ探訪】

 新外国人を3人取っても、投手陣の不安は解消されたとはいえない。二刀流・大谷の高校の先輩で、6年目を迎える菊池雄星が常時活躍し、2ケタ勝つぐらいでないと、優勝争いは厳しいだろう。

 昨季の得点は、リーグ4位(574)で打率(.248)は最下位。打線を見てもソフトバンクやオリックスにはかなり見劣りする。

 昨秋に左肩を手術した浅村はまだフルスイングもできない状態だ。本人は打ちたくてしょうがないそうだが、コーチ陣が「ブレーキをかけている」という。

 打撃練習で目立っていたのは、やはり高卒2年目捕手の森友哉(19)だ。

 昨年は高卒新人として46年ぶりとなる3試合連続本塁打を放った小柄(170センチ)なスラッガーは、そこまで振るか、というぐらいのフルスイングを見せる。丸太のように安定した下半身をクルッと回し、最短距離でインパクトを迎え、ボールをポンポンとスタンドへ運ぶ。ミートもうまいし並の打者ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る