山崎裕之氏が分析 2年目森友哉が今季西武「打のキーマン」

公開日: 更新日:

【2015 キャンプ探訪】

 新外国人を3人取っても、投手陣の不安は解消されたとはいえない。二刀流・大谷の高校の先輩で、6年目を迎える菊池雄星が常時活躍し、2ケタ勝つぐらいでないと、優勝争いは厳しいだろう。

 昨季の得点は、リーグ4位(574)で打率(.248)は最下位。打線を見てもソフトバンクやオリックスにはかなり見劣りする。

 昨秋に左肩を手術した浅村はまだフルスイングもできない状態だ。本人は打ちたくてしょうがないそうだが、コーチ陣が「ブレーキをかけている」という。

 打撃練習で目立っていたのは、やはり高卒2年目捕手の森友哉(19)だ。

 昨年は高卒新人として46年ぶりとなる3試合連続本塁打を放った小柄(170センチ)なスラッガーは、そこまで振るか、というぐらいのフルスイングを見せる。丸太のように安定した下半身をクルッと回し、最短距離でインパクトを迎え、ボールをポンポンとスタンドへ運ぶ。ミートもうまいし並の打者ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る