• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武炭谷が残留 中日落合GMの冷徹査定にFA選手“及び腰”

 今後のプランが、もろくも崩れ去った。11月1日、西武の炭谷銀仁朗(27)がFA権を行使せず、残留を発表。正捕手流出の危機だっただけに西武としてはうれしい誤算だが、逆に開いた口がふさがらないのが中日だろう。

 中日の正捕手は、12月の誕生日で44歳になる谷繁兼任監督だ。年齢的にも指揮官としても、いつまでもマスクをかぶっているわけにはいかないが、なにせ後釜が一向に出てこない。今季も谷繁監督が捕手陣最多の91試合に出場せざるを得なかった。

 それだけに今季FA権を取得した炭谷は渡りに船。27歳とまだ若く、西武で正捕手を務めるなどキャリアも十分だ。炭谷にしても移籍は望むところだった。残留したところで、いつかは昨季ドラフト1位の森に取って代わられる身だ。昨季の契約更改ではFA取得直前にもかかわらず、西武は単年契約しか提示しなかったこともあり、すっかり移籍に傾いていた。球界では今季の開幕前から「炭谷の中日入りは間違いない」と言われていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る