• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武炭谷が残留 中日落合GMの冷徹査定にFA選手“及び腰”

 今後のプランが、もろくも崩れ去った。11月1日、西武の炭谷銀仁朗(27)がFA権を行使せず、残留を発表。正捕手流出の危機だっただけに西武としてはうれしい誤算だが、逆に開いた口がふさがらないのが中日だろう。

 中日の正捕手は、12月の誕生日で44歳になる谷繁兼任監督だ。年齢的にも指揮官としても、いつまでもマスクをかぶっているわけにはいかないが、なにせ後釜が一向に出てこない。今季も谷繁監督が捕手陣最多の91試合に出場せざるを得なかった。

 それだけに今季FA権を取得した炭谷は渡りに船。27歳とまだ若く、西武で正捕手を務めるなどキャリアも十分だ。炭谷にしても移籍は望むところだった。残留したところで、いつかは昨季ドラフト1位の森に取って代わられる身だ。昨季の契約更改ではFA取得直前にもかかわらず、西武は単年契約しか提示しなかったこともあり、すっかり移籍に傾いていた。球界では今季の開幕前から「炭谷の中日入りは間違いない」と言われていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る