西武炭谷が残留 中日落合GMの冷徹査定にFA選手“及び腰”

公開日: 更新日:

 今後のプランが、もろくも崩れ去った。11月1日、西武炭谷銀仁朗(27)がFA権を行使せず、残留を発表。正捕手流出の危機だっただけに西武としてはうれしい誤算だが、逆に開いた口がふさがらないのが中日だろう。

 中日の正捕手は、12月の誕生日で44歳になる谷繁兼任監督だ。年齢的にも指揮官としても、いつまでもマスクをかぶっているわけにはいかないが、なにせ後釜が一向に出てこない。今季も谷繁監督が捕手陣最多の91試合に出場せざるを得なかった。

 それだけに今季FA権を取得した炭谷は渡りに船。27歳とまだ若く、西武で正捕手を務めるなどキャリアも十分だ。炭谷にしても移籍は望むところだった。残留したところで、いつかは昨季ドラフト1位の森に取って代わられる身だ。昨季の契約更改ではFA取得直前にもかかわらず、西武は単年契約しか提示しなかったこともあり、すっかり移籍に傾いていた。球界では今季の開幕前から「炭谷の中日入りは間違いない」と言われていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

もっと見る