西武炭谷が残留 中日落合GMの冷徹査定にFA選手“及び腰”

公開日:  更新日:

 今後のプランが、もろくも崩れ去った。11月1日、西武の炭谷銀仁朗(27)がFA権を行使せず、残留を発表。正捕手流出の危機だっただけに西武としてはうれしい誤算だが、逆に開いた口がふさがらないのが中日だろう。

 中日の正捕手は、12月の誕生日で44歳になる谷繁兼任監督だ。年齢的にも指揮官としても、いつまでもマスクをかぶっているわけにはいかないが、なにせ後釜が一向に出てこない。今季も谷繁監督が捕手陣最多の91試合に出場せざるを得なかった。

 それだけに今季FA権を取得した炭谷は渡りに船。27歳とまだ若く、西武で正捕手を務めるなどキャリアも十分だ。炭谷にしても移籍は望むところだった。残留したところで、いつかは昨季ドラフト1位の森に取って代わられる身だ。昨季の契約更改ではFA取得直前にもかかわらず、西武は単年契約しか提示しなかったこともあり、すっかり移籍に傾いていた。球界では今季の開幕前から「炭谷の中日入りは間違いない」と言われていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る