史上初高卒新人代打3発 西武・森が持つ“1打席限定”集中力

公開日: 更新日:

 ロッテにサヨナラ負けした西武。ファンがこの日、最も沸いたのが、1点を追いかける九回1死二塁の場面だ。代打で登場したルーキー森(写真)がロッテの抑え・西野のフォークボールを、代名詞の豪快なスイングで右中間スタンドに放り込んだからだ。

 逆転2ランも、結局その裏、ロッテに追いつかれて延長戦となり、森はヒーローになり損ねた。

「初球から振ろうと思っていたので、思い切って打てた」と言った森は、高卒新人ながら8月14日のオリックス戦でプロ初本塁打をマークすると3試合連続弾。46年ぶりとなる高卒新人の記録は、スポーツ紙を大いに賑わせた。

 この日のアーチは4本目となるが、そのうち3本は代打の時に打ったもの。残り1本もDHの1打席目だった。勝負強さもさることながら、1打席にかける集中力は明らかに新人離れしている。

 逆に、マスクをかぶるとホームランが出ない。ひょっとすると苦手な守備に神経を使ってしまうからかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る