史上初高卒新人代打3発 西武・森が持つ“1打席限定”集中力

公開日:  更新日:

 ロッテにサヨナラ負けした西武。ファンがこの日、最も沸いたのが、1点を追いかける九回1死二塁の場面だ。代打で登場したルーキー森(写真)がロッテの抑え・西野のフォークボールを、代名詞の豪快なスイングで右中間スタンドに放り込んだからだ。

 逆転2ランも、結局その裏、ロッテに追いつかれて延長戦となり、森はヒーローになり損ねた。

「初球から振ろうと思っていたので、思い切って打てた」と言った森は、高卒新人ながら8月14日のオリックス戦でプロ初本塁打をマークすると3試合連続弾。46年ぶりとなる高卒新人の記録は、スポーツ紙を大いに賑わせた。

 この日のアーチは4本目となるが、そのうち3本は代打の時に打ったもの。残り1本もDHの1打席目だった。勝負強さもさることながら、1打席にかける集中力は明らかに新人離れしている。

 逆に、マスクをかぶるとホームランが出ない。ひょっとすると苦手な守備に神経を使ってしまうからかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る