史上初高卒新人代打3発 西武・森が持つ“1打席限定”集中力

公開日:  更新日:

 ロッテにサヨナラ負けした西武。ファンがこの日、最も沸いたのが、1点を追いかける九回1死二塁の場面だ。代打で登場したルーキー森(写真)がロッテの抑え・西野のフォークボールを、代名詞の豪快なスイングで右中間スタンドに放り込んだからだ。

 逆転2ランも、結局その裏、ロッテに追いつかれて延長戦となり、森はヒーローになり損ねた。

「初球から振ろうと思っていたので、思い切って打てた」と言った森は、高卒新人ながら8月14日のオリックス戦でプロ初本塁打をマークすると3試合連続弾。46年ぶりとなる高卒新人の記録は、スポーツ紙を大いに賑わせた。

 この日のアーチは4本目となるが、そのうち3本は代打の時に打ったもの。残り1本もDHの1打席目だった。勝負強さもさることながら、1打席にかける集中力は明らかに新人離れしている。

 逆に、マスクをかぶるとホームランが出ない。ひょっとすると苦手な守備に神経を使ってしまうからかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る