敵地でも大歓声 西武「代打・森」が“夜9時の男”現象に

公開日: 更新日:

 ビジターチームの代打とは思えない人気だ。

 19日に行われたソフトバンク―西武戦。同点の九回2死一、二塁の場面で西武の田辺監督代行は炭谷の代打に高卒ルーキーの森友哉(19)を起用。「代打森」がコールされるや、西武ファンはもちろんのこと、ホークスファンすら大歓声でこれを迎えたのだ。

 結果は空振り三振だったとはいえ、対戦したソフトバンクの五十嵐にとっても楽な相手ではなかったはず。2-2に追い込んでから伝家の宝刀フォークを投げなければならないほど、打席では長打のにおいがプンプンする構えだった。

■代打で使わざるを得ないチーム事情

 そんな森が出てくるのは決まって試合終盤。18日も代打で出場したのは九回。15日こそスタメンDHだったものの、これは定位置の中村が不調だったから。16、17日は延長十回と十二回から出場。さらにさかのぼれば、13日は延長十二回、14日も八回から代打で起用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る