敵地でも大歓声 西武「代打・森」が“夜9時の男”現象に

公開日:  更新日:

 ビジターチームの代打とは思えない人気だ。

 19日に行われたソフトバンク―西武戦。同点の九回2死一、二塁の場面で西武の田辺監督代行は炭谷の代打に高卒ルーキーの森友哉(19)を起用。「代打森」がコールされるや、西武ファンはもちろんのこと、ホークスファンすら大歓声でこれを迎えたのだ。

 結果は空振り三振だったとはいえ、対戦したソフトバンクの五十嵐にとっても楽な相手ではなかったはず。2-2に追い込んでから伝家の宝刀フォークを投げなければならないほど、打席では長打のにおいがプンプンする構えだった。

■代打で使わざるを得ないチーム事情

 そんな森が出てくるのは決まって試合終盤。18日も代打で出場したのは九回。15日こそスタメンDHだったものの、これは定位置の中村が不調だったから。16、17日は延長十回と十二回から出場。さらにさかのぼれば、13日は延長十二回、14日も八回から代打で起用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る