日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神ゴメスは東京ドーム大好き 「抑え方」をスコアラーが助言

 舞台が東京ドームならキーマンは、このスラッガーだ。

 阪神の4番ゴメスは今季の打点王。巨人戦は打率.307、6本塁打、19打点の数字を残し、東京ドームでは同.341、4本塁打、12打点と相性がいい。

 これは巨人の投手陣が特別悪いわけではない。ゴメスの欠点は、インハイとアウトローのストライクゾーンからボールになるスライダー。いわゆる対角線の攻めで打ち取れるといわれている。

 ところが来日1年目でいきなり打点王になったのは、セの投手たちに問題があったからだ。セのあるスコアラーが言う。

「ゴメスに打たれた内角球は、捕手の構えたところより甘いコースか、やや低い球。それをうまくさばかれた。スライダーの抜け球もよく長打された。右投手の場合、右打者の外角低めの練習量は一番多い。だから8割以上の確率で捕手の構えたところに決まるといっても過言ではない。でも、内角の練習はかなり少ない。一発のある右打者に対し、リスクの高い内角高め、低めにきっちり投げられる右投手はそうはいません。東京ドームは狭いし、本人も『ドームは大好き』と言っているそうだから、四球や単打ならよしとするつもりで、徹底的に外角へ投げるべき。間違っても僅差の終盤、ゴメスに内角勝負だけは避けるべきです」

 初戦の巨人先発は内海が有力視されている。この左腕はスライダーや右打者の外角に逃げるスクリューボールで打たせる投球が得意。一方で右打者の内角を直球でズバズバ突いてくる。甲子園での前日練習でも快音を響かせていたゴメス。初戦から豪快アーチが飛び出せば、貧打の阪神も活気づくはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事