阪神ゴメスやっと来日…球団の本音は「予想以上に早かった」?

公開日:  更新日:

 たったの7日遅れで済んだというべきか。

 車上荒らしにパスポートを盗まれて来日が遅れていた阪神のゴメス(30)が現地を発った。

 6日に高野球団本部長が「今日、飛行機に乗った。明日夜、沖縄に入ります」と発表。わざわざ渉外担当がドミニカ共和国まで出向き、就労ビザ再発行の手助けをしていたというから、来日させるのも一苦労だ。

 ゴメスといえば、昨年も生まれたばかりの長女の体調不良などで来日が遅れ、チーム合流は2月11日までズレ込んだ。さらに、ユニホームを着たら、今度は足の張りを訴え「ズル休み」。初の実戦は3月15日の教育リーグ(中日戦)まで延びに延びた。

 それでもシーズンが始まると4番に座り、終わってみれば109打点でタイトルを取った。

 結果がすべてのこの世界。キャンプで大汗かいたり、オープン戦で打ったり、走ったりしなくてもチームに貢献することは昨年証明済みだ。「何だかんだ理由をつけて、今年は2、3週間来日が遅れるかも」と見ていたチーム関係者も、予想以上に早い沖縄入りが決まって胸をなでおろしているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る