阪神ゴメスやっと来日…球団の本音は「予想以上に早かった」?

公開日: 更新日:

 たったの7日遅れで済んだというべきか。

 車上荒らしにパスポートを盗まれて来日が遅れていた阪神のゴメス(30)が現地を発った。

 6日に高野球団本部長が「今日、飛行機に乗った。明日夜、沖縄に入ります」と発表。わざわざ渉外担当がドミニカ共和国まで出向き、就労ビザ再発行の手助けをしていたというから、来日させるのも一苦労だ。

 ゴメスといえば、昨年も生まれたばかりの長女の体調不良などで来日が遅れ、チーム合流は2月11日までズレ込んだ。さらに、ユニホームを着たら、今度は足の張りを訴え「ズル休み」。初の実戦は3月15日の教育リーグ(中日戦)まで延びに延びた。

 それでもシーズンが始まると4番に座り、終わってみれば109打点でタイトルを取った。

 結果がすべてのこの世界。キャンプで大汗かいたり、オープン戦で打ったり、走ったりしなくてもチームに貢献することは昨年証明済みだ。「何だかんだ理由をつけて、今年は2、3週間来日が遅れるかも」と見ていたチーム関係者も、予想以上に早い沖縄入りが決まって胸をなでおろしているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る