• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

補強下手球団の典型パターン…阪神ゴメス“契約秘話”

 どうやら“ババ”を掴まされたか。

 右ひざ裏痛で調整が遅れている阪神の新助っ人マウロ・ゴメス(29=ナショナルズ3A)。19日のロッテ戦でオープン戦デビュー。1打席目は左腕藤岡の内角低めの直球に押されて三ゴロ。2打席目は外角高めのボール球を振って右飛。3打席目は右腕上野のスライダーにバットを折られながら三塁内野安打だった。

 3打席でベンチに下がったゴメスは「2ストライク3ボールになったりして、たくさんボールが見れてよかった。まだ、しっかりタイミングが取れていないし、タイミングが合わないのもあるし。ミスショットもあるので、慣れていきたい」と言った。

 このゴメス、打撃練習ではスタンドに軽々と放り込むものの、実戦ではまだ結果が出ていない。28日の開幕まで約1週間。チーム内からも「ホンマに打つんか?」との声も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る