日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

補強下手球団の典型パターン…阪神ゴメス“契約秘話”

 どうやら“ババ”を掴まされたか。

 右ひざ裏痛で調整が遅れている阪神の新助っ人マウロ・ゴメス(29=ナショナルズ3A)。19日のロッテ戦でオープン戦デビュー。1打席目は左腕藤岡の内角低めの直球に押されて三ゴロ。2打席目は外角高めのボール球を振って右飛。3打席目は右腕上野のスライダーにバットを折られながら三塁内野安打だった。

 3打席でベンチに下がったゴメスは「2ストライク3ボールになったりして、たくさんボールが見れてよかった。まだ、しっかりタイミングが取れていないし、タイミングが合わないのもあるし。ミスショットもあるので、慣れていきたい」と言った。

 このゴメス、打撃練習ではスタンドに軽々と放り込むものの、実戦ではまだ結果が出ていない。28日の開幕まで約1週間。チーム内からも「ホンマに打つんか?」との声も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事