補強下手球団の典型パターン…阪神ゴメス“契約秘話”

公開日:  更新日:

 どうやら“ババ”を掴まされたか。

 右ひざ裏痛で調整が遅れている阪神の新助っ人マウロ・ゴメス(29=ナショナルズ3A)。19日のロッテ戦でオープン戦デビュー。1打席目は左腕藤岡の内角低めの直球に押されて三ゴロ。2打席目は外角高めのボール球を振って右飛。3打席目は右腕上野のスライダーにバットを折られながら三塁内野安打だった。

 3打席でベンチに下がったゴメスは「2ストライク3ボールになったりして、たくさんボールが見れてよかった。まだ、しっかりタイミングが取れていないし、タイミングが合わないのもあるし。ミスショットもあるので、慣れていきたい」と言った。

 このゴメス、打撃練習ではスタンドに軽々と放り込むものの、実戦ではまだ結果が出ていない。28日の開幕まで約1週間。チーム内からも「ホンマに打つんか?」との声も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る