ソフトバンク大隣憲司は「入浴剤入り半身浴」で体ケア

公開日: 更新日:

「以前、大きなケガをしましたから。やはり暇がある時は、基本的に遊びより体のケアを優先しています」

 こう話すのはソフトバンクの大隣憲司(30)。13年に難病の黄色靱帯骨化症を患い、一時は選手生命すら危ぶまれた。懸命なリハビリの甲斐もあって昨季中盤、奇跡的に復活。シーズン終盤は先発陣の柱としてチームを日本一に導いた。「体のケア」の代表的なものが半身浴だという。

 宿舎の自室のバスタブにぬるま湯を半分ほどためる。そこに炭酸ガスが湧き出る入浴剤を入れ、暇を見つけては体を癒やしている。

「もちろん寝る前が多いのですが、練習が終わって自室に戻った時にやることも。入浴代わりに30~40分ぐらいやるだけで、翌日の体の感じが全然違いますから。キャンプ中は疲れがたまりやすいですし、ケガをしないためにもやっています。今年は(昨年の)シーズン後半の調子を1年間ずっと保ちたい。暇つぶしなら、読書とかゲームより半身浴ですね」とは本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る