ローテ入り狙うカブス和田 カッター習得で“省エネ”投法確立

公開日: 更新日:

 実質メジャー2年目の左腕がローテーション入りに必死だ。

 カブス・和田毅(34)が20日(日本時間21日)、アリゾナ州メサで他の日本人選手よりも一足先にキャンプイン。

 背番号「18」のユニホームに身を包み、初日からブルペン入りし、36球を投げるなど、精力的に汗を流した。練習の終盤には左でん部に違和感を訴え、大事を取って最後に組まれていた短距離走を回避。症状は軽いため、明日以降は通常のメニューをこなすという。

 キャンプ、オープン戦では先発ローテーションの5番手をかけた若手投手との争いになる。渡米1年目の12年5月にメスを入れた左肘の不安から解放されたのだろう。今オフは投球の幅を広げるため、新球のカッターを習得した。相手打者のバットの芯を外してゴロで打ち取る投球スタイルを確立する狙いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る