本拠オープン戦登板か ソフトB松坂に「投げる営業マン」指令

公開日: 更新日:

 9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンクの松坂大輔(34)。20日にはベテランらを相手に打撃投手として登板。途中、薬指に巻くテーピングが気になり松中に死球を与える場面もあったが、安打性の当たりをわずか4本に抑え、順調さをアピールした。松坂は3月に入ってから実戦で投げることを想定。早い時期での実戦登板は見送りたい意向だ。

 ところが、そんなマイペース調整を続ける右腕に新たな“障害”が浮上している。松坂を地元開催のオープン戦で積極的に登板させるプランだ。

 ソフトバンクは今月末(27日)から福岡のヤフオクドームで3連戦が組まれている。営業サイドは、地元開催のオープン戦での「客寄せ」に松坂を利用したい。そこで2月下旬の3連戦に加え、3月に入ってからの本拠地でのオープン戦にも松坂に登板してもらえるよう、首脳陣らに働きかける可能性があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る