日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本拠オープン戦登板か ソフトB松坂に「投げる営業マン」指令

 9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンクの松坂大輔(34)。20日にはベテランらを相手に打撃投手として登板。途中、薬指に巻くテーピングが気になり松中に死球を与える場面もあったが、安打性の当たりをわずか4本に抑え、順調さをアピールした。松坂は3月に入ってから実戦で投げることを想定。早い時期での実戦登板は見送りたい意向だ。

 ところが、そんなマイペース調整を続ける右腕に新たな“障害”が浮上している。松坂を地元開催のオープン戦で積極的に登板させるプランだ。

 ソフトバンクは今月末(27日)から福岡のヤフオクドームで3連戦が組まれている。営業サイドは、地元開催のオープン戦での「客寄せ」に松坂を利用したい。そこで2月下旬の3連戦に加え、3月に入ってからの本拠地でのオープン戦にも松坂に登板してもらえるよう、首脳陣らに働きかける可能性があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事