本拠オープン戦登板か ソフトB松坂に「投げる営業マン」指令

公開日:  更新日:

 9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンクの松坂大輔(34)。20日にはベテランらを相手に打撃投手として登板。途中、薬指に巻くテーピングが気になり松中に死球を与える場面もあったが、安打性の当たりをわずか4本に抑え、順調さをアピールした。松坂は3月に入ってから実戦で投げることを想定。早い時期での実戦登板は見送りたい意向だ。

 ところが、そんなマイペース調整を続ける右腕に新たな“障害”が浮上している。松坂を地元開催のオープン戦で積極的に登板させるプランだ。

 ソフトバンクは今月末(27日)から福岡のヤフオクドームで3連戦が組まれている。営業サイドは、地元開催のオープン戦での「客寄せ」に松坂を利用したい。そこで2月下旬の3連戦に加え、3月に入ってからの本拠地でのオープン戦にも松坂に登板してもらえるよう、首脳陣らに働きかける可能性があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る