平行線から一転…オリ球団本部長が明かす「金子残留」の真相

公開日: 更新日:

 昨オフ、12球団で最も活発に補強を展開したオリックス。メジャー帰りの中島や日本ハムからFAした小谷野を獲得し、前DeNAのブランコ、前広島のバリントンと実績ある投打の外国人選手の補強にも成功した。エースの金子も国内FA権を行使しながら、最終的には残留。陣頭指揮を執ったとされる瀬戸山球団本部長に真相を聞いた。

――オフは例年にないほどの大補強を敢行しました。

「始まりはやはり、金子投手の去就でしたね。エースが移籍する可能性があり、そうなると大幅な戦力ダウンにつながる。実は(昨年の)シーズン中盤から彼とは何度も残留に向けての交渉を行っていました。その中で、日本だけでなくメジャーにも興味があるという話が出始めましたので、球団としては全力で引き留めようと。シーズン終盤には、本人の海外志向が強くなった感じを受け、そうなるとポスティングになる。彼との話し合いはその頃から平行線になりました。チームはクライマックスシリーズ(CS)進出に向けて大変な時期でしたが、我々(フロント)は彼の去就と補強のことで頭がいっぱいでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る