平行線から一転…オリ球団本部長が明かす「金子残留」の真相

公開日:  更新日:

 昨オフ、12球団で最も活発に補強を展開したオリックス。メジャー帰りの中島や日本ハムからFAした小谷野を獲得し、前DeNAのブランコ、前広島のバリントンと実績ある投打の外国人選手の補強にも成功した。エースの金子も国内FA権を行使しながら、最終的には残留。陣頭指揮を執ったとされる瀬戸山球団本部長に真相を聞いた。

――オフは例年にないほどの大補強を敢行しました。

「始まりはやはり、金子投手の去就でしたね。エースが移籍する可能性があり、そうなると大幅な戦力ダウンにつながる。実は(昨年の)シーズン中盤から彼とは何度も残留に向けての交渉を行っていました。その中で、日本だけでなくメジャーにも興味があるという話が出始めましたので、球団としては全力で引き留めようと。シーズン終盤には、本人の海外志向が強くなった感じを受け、そうなるとポスティングになる。彼との話し合いはその頃から平行線になりました。チームはクライマックスシリーズ(CS)進出に向けて大変な時期でしたが、我々(フロント)は彼の去就と補強のことで頭がいっぱいでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る