日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ大山暁史 コーチに与えられたミッションは“左打者封じ”

 プロ1年目だった昨年の一軍出場はわずかに1試合。2人の打者との対戦に終わったオリックス投手の大山暁史(26)。それでも今季、チームがこの左腕にかける期待は大きい。オフの大補強で各ポジションの層に厚みが増す中、唯一のアキレス腱が「中継ぎのワンポイント左腕」だからである。

「去年のシーズンは、ピンチで左の強打者を迎えた場面でも、中継ぎは中山を除いて右(投げ)がほとんど。結果的に右投手で痛打を許して負けたケースもあった。大山が年間を通して活躍してくれれば、その不安がなくなる。チームのカギを握っている選手のひとりです」(星野投手コーチ)

 昨年は自らチャンスを潰した。キャンプ、オープン戦で結果を残し、開幕は同期の東明と共に一軍切符をつかんだが、すぐに弱点が浮き彫りになった。

 大山は当時を振り返りながら言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事