開幕投手に暗雲…巨人・菅野の“異変”にチーム内「おかしい」

公開日:  更新日:

 巨人の開幕投手最有力候補の菅野智之(25)に暗雲が垂れ込めてきた。

 2月28日のヤクルトとのオープン戦で3回を6安打3失点。直球は140キロ台そこそこで自慢の制球、変化球も精度を欠いた。キャンプから調整を一任されてきたが、らしくない内容に「去年のヒジの影響があるのかどうか。ちょっとおかしい。悪い球の方が多い。定期的に投げさせる方がいいのか、一回何かした方がいいのか。明日、本人、監督と話をして決める」と斎藤投手コーチ。登板を一度飛ばしてミニキャンプを行う可能性まで示唆していた。

 菅野は1日、試合前の練習で強めのキャッチボールを行った。現段階で右ヒジを気にする様子はないものの、何らかの異変が起きていないとも限らない。

 バックを守った巨人の某選手はこう指摘しているのだ。


「開幕投手どころか、どこかおかしいんじゃないかと思いましたよ。万全なら直球は150キロ近いはずなのに、140キロに届いていない球も多かった。シュート系の球は投げていないと話しているけど、シュート回転どころか、完全にシュートしている球もあった。あれだけ狙ったところにいかないのは、あまり見たことがない。菅野のことだから、何か試していたのだとしても、明らかに変でしたから。まだヒジが痛いんじゃないかと。斎藤コーチじゃなくても、みんなそう感じたと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る