開幕投手に暗雲…巨人・菅野の“異変”にチーム内「おかしい」

公開日: 更新日:

 巨人の開幕投手最有力候補の菅野智之(25)に暗雲が垂れ込めてきた。

 2月28日のヤクルトとのオープン戦で3回を6安打3失点。直球は140キロ台そこそこで自慢の制球、変化球も精度を欠いた。キャンプから調整を一任されてきたが、らしくない内容に「去年のヒジの影響があるのかどうか。ちょっとおかしい。悪い球の方が多い。定期的に投げさせる方がいいのか、一回何かした方がいいのか。明日、本人、監督と話をして決める」と斎藤投手コーチ。登板を一度飛ばしてミニキャンプを行う可能性まで示唆していた。

 菅野は1日、試合前の練習で強めのキャッチボールを行った。現段階で右ヒジを気にする様子はないものの、何らかの異変が起きていないとも限らない。

 バックを守った巨人の某選手はこう指摘しているのだ。


「開幕投手どころか、どこかおかしいんじゃないかと思いましたよ。万全なら直球は150キロ近いはずなのに、140キロに届いていない球も多かった。シュート系の球は投げていないと話しているけど、シュート回転どころか、完全にシュートしている球もあった。あれだけ狙ったところにいかないのは、あまり見たことがない。菅野のことだから、何か試していたのだとしても、明らかに変でしたから。まだヒジが痛いんじゃないかと。斎藤コーチじゃなくても、みんなそう感じたと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る