開幕投手に暗雲…巨人・菅野の“異変”にチーム内「おかしい」

公開日: 更新日:

 巨人の開幕投手最有力候補の菅野智之(25)に暗雲が垂れ込めてきた。

 2月28日のヤクルトとのオープン戦で3回を6安打3失点。直球は140キロ台そこそこで自慢の制球、変化球も精度を欠いた。キャンプから調整を一任されてきたが、らしくない内容に「去年のヒジの影響があるのかどうか。ちょっとおかしい。悪い球の方が多い。定期的に投げさせる方がいいのか、一回何かした方がいいのか。明日、本人、監督と話をして決める」と斎藤投手コーチ。登板を一度飛ばしてミニキャンプを行う可能性まで示唆していた。

 菅野は1日、試合前の練習で強めのキャッチボールを行った。現段階で右ヒジを気にする様子はないものの、何らかの異変が起きていないとも限らない。

 バックを守った巨人の某選手はこう指摘しているのだ。


「開幕投手どころか、どこかおかしいんじゃないかと思いましたよ。万全なら直球は150キロ近いはずなのに、140キロに届いていない球も多かった。シュート系の球は投げていないと話しているけど、シュート回転どころか、完全にシュートしている球もあった。あれだけ狙ったところにいかないのは、あまり見たことがない。菅野のことだから、何か試していたのだとしても、明らかに変でしたから。まだヒジが痛いんじゃないかと。斎藤コーチじゃなくても、みんなそう感じたと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る