日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3試合打率5割 巨人・大田の“主砲覚醒”を他球団はどう見た

 7年目を迎えた巨人の大田泰示(24)が15日、実戦でのチーム初本塁打を放った。

 宮崎での1次キャンプ最終日の紅白戦に、原辰徳監督(56)が「現段階での理想」とした主力組の「4番・中堅」で出場。三回の2打席目に新外国人右腕のマイコラスから、2ラン本塁打をバックスクリーン右へ叩き込むと、続く3打席目には久保から右越え二塁打。5打数2安打の大田は「意識していることができて良かった」と中堅から右方向への快打に汗を拭った。ネット裏のブースから試合を見守った長嶋終身名誉監督も「大田はいいねえ」とご機嫌で宮崎の地を後にした。

 12日は適時打、13日は3安打1打点。紅白戦3試合計12打数6安打、打率5割と好調を維持する大田に「スタートラインから2、3歩。開幕まで10、15歩は必要」と独特の表現で評価した原監督は今年も「強化指定選手」に指名している。キャンプ前には「今年もだまされてみようかな。非常に有望な選手になった。彼の持っているスピード、肩の強さ、動きの躍動感は、なかなか日本球界にはない」と話し、キャンプ序盤には親しい関係者にこう言っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事