3試合打率5割 巨人・大田の“主砲覚醒”を他球団はどう見た

公開日:  更新日:

 7年目を迎えた巨人の大田泰示(24)が15日、実戦でのチーム初本塁打を放った。

 宮崎での1次キャンプ最終日の紅白戦に、原辰徳監督(56)が「現段階での理想」とした主力組の「4番・中堅」で出場。三回の2打席目に新外国人右腕のマイコラスから、2ラン本塁打をバックスクリーン右へ叩き込むと、続く3打席目には久保から右越え二塁打。5打数2安打の大田は「意識していることができて良かった」と中堅から右方向への快打に汗を拭った。ネット裏のブースから試合を見守った長嶋終身名誉監督も「大田はいいねえ」とご機嫌で宮崎の地を後にした。

 12日は適時打、13日は3安打1打点。紅白戦3試合計12打数6安打、打率5割と好調を維持する大田に「スタートラインから2、3歩。開幕まで10、15歩は必要」と独特の表現で評価した原監督は今年も「強化指定選手」に指名している。キャンプ前には「今年もだまされてみようかな。非常に有望な選手になった。彼の持っているスピード、肩の強さ、動きの躍動感は、なかなか日本球界にはない」と話し、キャンプ序盤には親しい関係者にこう言っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る