松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「日本人トップ」というただし書きでスポーツを眺めてみた

公開日: 更新日:

 別府大分毎日マラソン中継を見た。前日の記者会見で直前に足首を捻挫して痛くてしようがない、と言っていたエリトリアの選手が2時間10分台の平凡なタイムで優勝して、日本人トップは門田浩樹の2位だった。

「放送席? 放送席! 見事優勝されました、エリトリアのツールデ・エスティファノス選手です、おめでとうございます! 今のお気持ちは?」

 同時通訳すればいいものを、アナウンサーの質問を通訳が聞いてから本人に英語で尋ねる。本人の英語もどこかたどたどしく、間延びしていた。

「足の捻挫を気にしてましたが?」

 の英訳に、

「気にならなかった」

 それって「日本人選手が気にならなかった」の間違いではないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る