松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「日本人トップ」というただし書きでスポーツを眺めてみた

公開日:  更新日:

 別府大分毎日マラソン中継を見た。前日の記者会見で直前に足首を捻挫して痛くてしようがない、と言っていたエリトリアの選手が2時間10分台の平凡なタイムで優勝して、日本人トップは門田浩樹の2位だった。

「放送席? 放送席! 見事優勝されました、エリトリアのツールデ・エスティファノス選手です、おめでとうございます! 今のお気持ちは?」

 同時通訳すればいいものを、アナウンサーの質問を通訳が聞いてから本人に英語で尋ねる。本人の英語もどこかたどたどしく、間延びしていた。

「足の捻挫を気にしてましたが?」

 の英訳に、

「気にならなかった」

 それって「日本人選手が気にならなかった」の間違いではないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る