日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

白鵬の圧勝に終わった大相撲初場所 あの2人の会話を想像してみた

 わたくしの生業はお笑いの台本書き。初場所を終えて、2人の関取がこっそり飲み屋に集まって、今だから話せるあれこれを語り合ったとすれば。

G道「いやいや、どうもお疲れ!」
K菊「お疲れお疲れ!」

 と乾杯して、酒を一気にあおる。

G道「(以下小声で)千秋楽はどうも」
K菊「なにが?」
G道「なにがって、だから、正々堂々と勝負してくれてどうも」
K菊「いつも正々堂々だよ」
G道「そうだよ」
K菊「だから、いいんだよ」
G道「そうそう。ただ」
K菊「ただ、なに?」
G道「こういうことは礼儀だから」
K菊「相撲は礼儀だよ」
G道「そうだよ」
K菊「だからいいんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事