松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

東京マラソンを見て、安保世代ジイサンの本音を代弁してみた

公開日: 更新日:

 東京マラソンでぞろぞろ雨の中を数万人が能天気にジョギングするのを、テロ警戒の厳戒体制の中で孫をひしと抱きかかえて身を潜めている東京都在住、安保世代ジイサンの本音を想像する。

 孫よよく聞け。周辺事態法の「周辺」が地域を示すから撤廃すべきと笑って述べる高村というアバタオヤジ。自衛隊の文官統制を廃止して制服組が実権を握る法案を出すと笑って述べる出戻り防衛大臣。

 それはなあ孫よ。アジア侵略を「欧米からのアジア独立を手助けした」と正当化して知らぬ顔を決め込み、制服組のトップだったのをいいことに、何の根拠もない噂を信じて後藤健二さんの出自を言いふらすような稚拙な脳みその持ち主が軍隊を動かしてもオッケ~ということだ。

 相変わらずアフリカ人がトップか? さもあろう。マラソンを走っておるアフリカ人の相当数は善良なイスラム教徒だ。それを都知事警視庁総出で警備しておるんだ。走りながら警備する警官もおるらしいぞ。警備する前に脱水症状になったら笑うがな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る