手術決断先送りのダルに「日本の医師にも診断仰ぐべき」の声

公開日: 更新日:

 踏ん切りをつけるには、まだしばらく時間が必要なようだ。

 右肘の内側側副靱帯の部分断裂が見つかったレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)のことだ。

 ジョン・ダニエルズGMは11日(日本時間12日)、前日、ニューヨークでメッツのチームドクターであるデービッド・アルチェック医師にセカンドオピニオンを求めた結果、メスを入れることを勧められたことを明かし、「全ては(トミー・ジョン=腱の修復)手術を受ける方向で進んでいる」と話した。

 ダルはこの日、全体練習に姿を見せ、左投げでキャッチボールを行うなど軽めの調整を行った。手術には難色を示しているようで、最終的な決断を保留。今後はレッドソックス・田沢、レンジャーズ・藤川の執刀医で「肘の権威」とされるジェームズ・アンドリューズ医師に「サードオピニオン」を求め、13日(同14日)にも最終的に決断する見込みだ。ダニエルズGMは週明けにも手術を受けさせる方針を示していることから、ダルが肘にメスを入れるのは時間の問題となってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る