手術決断先送りのダルに「日本の医師にも診断仰ぐべき」の声

公開日: 更新日:

 踏ん切りをつけるには、まだしばらく時間が必要なようだ。

 右肘の内側側副靱帯の部分断裂が見つかったレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)のことだ。

 ジョン・ダニエルズGMは11日(日本時間12日)、前日、ニューヨークでメッツのチームドクターであるデービッド・アルチェック医師にセカンドオピニオンを求めた結果、メスを入れることを勧められたことを明かし、「全ては(トミー・ジョン=腱の修復)手術を受ける方向で進んでいる」と話した。

 ダルはこの日、全体練習に姿を見せ、左投げでキャッチボールを行うなど軽めの調整を行った。手術には難色を示しているようで、最終的な決断を保留。今後はレッドソックス・田沢、レンジャーズ・藤川の執刀医で「肘の権威」とされるジェームズ・アンドリューズ医師に「サードオピニオン」を求め、13日(同14日)にも最終的に決断する見込みだ。ダニエルズGMは週明けにも手術を受けさせる方針を示していることから、ダルが肘にメスを入れるのは時間の問題となってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る