早くも来季を視野に…ダルの「手術回避」望むMLBの“商魂”

公開日:  更新日:

 レンジャーズのエース右腕の決断に気を揉んでいるのは球団だけではない。右肘靱帯の部分断裂損傷が見つかったダルビッシュ有(28)が手術を受けるのか、治療を選択するのか大リーグ機構(MLB)にとっても重大な関心事だという。

 何しろMLBは2016年に日本開幕戦を予定しており、派遣する球団の筆頭候補として挙がっているのがレンジャーズなのだ。メジャーを代表する日本人右腕の凱旋となれば、集客が見込めるとソロバンをはじいているわけで、ダルが手術に踏み切れば話は異なる。

 トミー・ジョン(腱の修復)手術を受けた場合、復帰までに12カ月から15カ月近くを要するため、来年3月の日本開幕戦には間に合わない。ダルが投げられないなら、MLBにはレンジャーズを派遣するメリットはなくなる。

 8日付の地元紙「ダラス・モーニングニュース」(電子版)によれば、レンジャーズはダルビッシュが故障した場合に備えて保険をかけており、今季絶望なら、年俸1000万ドル(約12億円)の50~75%(約6億~9億円)が支払われるという。しかし、MLBには痛手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る