早くも来季を視野に…ダルの「手術回避」望むMLBの“商魂”

公開日: 更新日:

 レンジャーズのエース右腕の決断に気を揉んでいるのは球団だけではない。右肘靱帯の部分断裂損傷が見つかったダルビッシュ有(28)が手術を受けるのか、治療を選択するのか大リーグ機構(MLB)にとっても重大な関心事だという。

 何しろMLBは2016年に日本開幕戦を予定しており、派遣する球団の筆頭候補として挙がっているのがレンジャーズなのだ。メジャーを代表する日本人右腕の凱旋となれば、集客が見込めるとソロバンをはじいているわけで、ダルが手術に踏み切れば話は異なる。

 トミー・ジョン(腱の修復)手術を受けた場合、復帰までに12カ月から15カ月近くを要するため、来年3月の日本開幕戦には間に合わない。ダルが投げられないなら、MLBにはレンジャーズを派遣するメリットはなくなる。

 8日付の地元紙「ダラス・モーニングニュース」(電子版)によれば、レンジャーズはダルビッシュが故障した場合に備えて保険をかけており、今季絶望なら、年俸1000万ドル(約12億円)の50~75%(約6億~9億円)が支払われるという。しかし、MLBには痛手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る