日ハム黒木投手コーチが語った大谷へ“異例助言”の意図

公開日: 更新日:

 大谷は過去2年、ほとんど自力でプレーしてきた。コーチに助言を仰ぐこともほとんどない。スランプに陥っても、自分なりに解決してきた。そうやって2ケタ勝利、10本塁打の二刀流を実践してきた選手だ。公式戦で結果が出ないならともかく、たかだかオープン戦で乱調が続いたくらいで、周囲がアタフタする必要があるのかどうか。まして本人もオープン戦だからできることと、テーマをもって実戦に臨んでいる。

 大谷はコーチ陣との話し合い後、「去年もずっと(自分のフォームを)見てもらっている。良かった時、悪かった時のアドバイスをいただけるのはありがたい」と話しながらも、「(フォームを)直す作業はしない。去年より技術をステップアップさせる過程で多少のズレがあるだけなので」と復調への自信を見せた。本人が心配ないと言っている以上、放っておけばよいのだ。

 日本ハムはこの日も敗れ、12球団で唯一オープン戦の勝ち星がない。あるいは首脳陣が浮足立っているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る