日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

練習場ではボールの打ち出し方向を必ずチェックする

 練習しても思うような成果が出ない……。

 そう考えるアマチュアゴルファーが少なくないが、その多くは成果が出るのに時間がかかることを理解していない。

 練習でスイングを変えようとすると、違和感が付きまとう。その違和感を解消するには21日間かかる。

 言い換えると、成果が出ないと嘆く人は、21日間の我慢ができていないか、違和感を嫌って今まで通りのスイングをしている可能性が非常に高いのだ。

 本題に入ろう。片山晋呉プロは練習器具を積極的に使うだけでなく、練習の仕方もかなりユニークだ。クラブの軌道をチェックするために、障害物をたくさん置いてスイングしたり、クラブの軌道、ボールが飛び出す方向をチェックするためのガイドラインも数多く使っている。スイングだけでなく、ショットの精度を上げることにも人一倍こだわり、針の穴を通すような練習も欠かさず行っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事