日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ショートパットが苦手ならボール2個打ちで集中力を高めろ

 米PGAツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」は、通算9アンダーの首位で並んだ4選手によるプレーオフの末、ジェイソン・デイ(豪)が勝ち抜いて今シーズン初勝利、米ツアー通算3勝目を挙げた。

 前週に予選落ちしたタイガー・ウッズは、過去7勝と相性のいい会場にもかかわらず、体調不良で初日に途中棄権。前途多難な状態が続いていると思ったら、そのままツアー離脱を宣言。早期の復帰が望まれる。

 さて、プレーオフを制したデイはパワーヒッターで、ドライバーの飛距離はトップクラス。プレーぶりを見ているとパワーに圧倒されるが、飛ばすだけでは勝てない。勝っている時は、勝負どころのパットは確実に決めてくる。

 特にショートパットは方向性に乱れがなく、ボールはカップに吸い込まれるように転がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事