日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スイング改造には21日間の我慢が必要

 先週はアジア最大のゴルフショー「ジャパンゴルフフェア2015」が東京ビッグサイトで開催された。

 今年で49回目と歴史のあるイベントで、ゴルフクラブだけでなく、さまざまなゴルフ関連メーカーが180社以上も出展した。金曜日から日曜日まで3日間の開催で、今年も5万人以上の来場者があった。

 フェアの会場では用品、用具の展示に加え、さまざまなイベント、試打会、レッスン会が行われており、土曜日にはツアー28勝を挙げている片山晋呉プロも飛び入りでレッスン会に加わり、会場を大いに賑わせていた。

 さて、この片山プロ。日本を代表するショットメーカーであるが、練習法はかなりユニークである。

 ただやみくもにボールを打つことはなく、アイデアにあふれた練習器具を欠かさず使っている。なぜ、練習器具を使うのかと聞いてみたら、こんな答えが返ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事