バットスイングを解析・データ化 さらば“感覚的”野球指導者

公開日: 更新日:

 16日、ミズノが野球のバットスイングを解析する新システム「スイングトレーサー」の開発を発表した。

 同システムはバットのグリップエンドに専用のセンサーを装着してティー打撃を行うと、ゴルフスイングの動作解析のように、ヘッドスピード、ヘッドの傾き、スイング軌道など8項目のデータが瞬時に計測されるというもの。データは専用のアプリで保存できるだけでなく、アニメーション映像などで確認できる。過去と現在のスイングもひとつの映像で比較可能なことから、ミズノの関係者は「アマチュアだけでなく、プロ野球の指導でも活用していただけたら」と話す。

 現在でも「ヘッドを少し上げろ」「もっとコンパクトなスイングを心がけろ」と声を荒らげる指導者がいる。こうした曖昧な教えでは選手もどの部分をどの程度修正したらいいかわからない。その点このシステムなら、個人のベストな数値を残しておけば、あとはその数値に戻す作業を行えばいい。

 価格はセンサーが3万2184円、アタッチメントが1944円。サーバー使用料は選手用が1058円/月、コーチ用が3218円/月だ。

 これで「少しだけバットのヘッドを上げて」というような曖昧な教え方をする「感覚的指導者」は通用しなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る