• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

緩慢プレーにコーチご立腹…巨人のお寒い「チーム打撃練習」

 巨人の川相昌弘ヘッドコーチ(50)は、「寂しい内容でしたね」とおかんむりだった。

 8日に行われた宮崎キャンプ初の「チームバッティング」の練習。寒風吹きすさぶ中、一塁や二塁に走者を置き、実戦さながらに勝呂内野守備走塁コーチがサインを出した。送りバント、ヒットエンドラン、バスターなどを約2時間。4番候補の阿部と村田にはいきなり「送りバント」のサインが出た。いずれも投前に転がしたものの、走者を進める「右打ち」の局面では、打者がファウルを連発するなど、全体的に精度を欠き、寒さのあまり、全力疾走を怠る選手もいた。

 原辰徳監督(56)は「時間かけ過ぎ? 練習は2つあって、チームと個。これは別物だけど、どっちも大事」と話したものの、川相ヘッドはこうまくし立てた。

「去年もそうだったけど、寒い日に試合をすることは当然あるし、寒いからってボーッとして怠慢プレーをしているようじゃしょうがない。やせ我慢してでもやらないと。エラーとかのミスなら練習すればいいけど。勝呂コーチなんて上着を脱いで試合と同じ格好でサインを出している。もっと精度を上げていかないと。(寒さに)対応するのも監督が言う『野性味』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る