松井秀のヤ軍フロント入りでむしろ近づく「今オフ巨人監督」

公開日:  更新日:

 これでゴジラの気持ちは巨人を離れ、いよいよヤンキースに傾倒、将来はヤ軍のコーチに就任するという指摘もある。ヤンキースが去る10日、松井秀喜(40)がキャッシュマンGMの特別アドバイザーに就任すると発表したことを受けてだ。

 契約期間は1年。シーズン中、傘下のマイナー球団の試合を巡回視察、首脳陣とともに若手野手の打撃のレベルアップに取り組むという。松井は現在、キャンプ地のフロリダ州タンパでヤンキースの臨時コーチを務めている。

 昨年、巨人の臨時コーチをやった松井が、今年は巨人とDeNAの「キャンプ訪問」にとどまった。それがヤンキースでは臨時コーチどころか日本人選手経験者では初めてのフロント入りだ。

 しかし、だからといって、松井の巨人に対する気持ちが冷めたわけではない。

 昨年、臨時ながら初めてコーチを経験して、本紙にこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る