住友電工陸上部監督就任の渡辺氏 “米国流”トレ決めた理由

公開日: 更新日:

 3月末に早大駅伝監督を退任する渡辺康幸氏(41)が19日、都内ホテルで住友電工陸上部の監督就任(4月1日入社)会見を行った。

 同社は、元日の実業団駅伝に2年連続出場しているが、渡辺氏は世界で通用するマラソン選手の育成に専念するという。

 会見で渡辺氏は、「これまでマラソン選手を育てた実績はないが、箱根で育った選手を世界へ羽ばたかせたい。日本選手でも2時間5分台なら出せる。思い切った改革をしたい」と抱負を述べた。今後は、米国で実施されている「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」を手本にするという。

 オレゴン・プロジェクトとは、低迷していた米国長距離界を復活させるため、01年に「打倒アフリカ勢」を旗印に結成されたプロ集団。渡辺氏は13年、早大の教え子だった大迫傑と練習を視察。元マラソン選手のアルベルト・サラザールが指導の先頭に立ち、フィジカルやスプリントトレーニングにはそれぞれ専門コーチがつく。チームに理学療法士もいるという、分業とスポーツ科学に基づくトレーニングに「日本は100歩遅れている」と衝撃を受けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る