住友電工陸上部監督就任の渡辺氏 “米国流”トレ決めた理由

公開日: 更新日:

 3月末に早大駅伝監督を退任する渡辺康幸氏(41)が19日、都内ホテルで住友電工陸上部の監督就任(4月1日入社)会見を行った。

 同社は、元日の実業団駅伝に2年連続出場しているが、渡辺氏は世界で通用するマラソン選手の育成に専念するという。

 会見で渡辺氏は、「これまでマラソン選手を育てた実績はないが、箱根で育った選手を世界へ羽ばたかせたい。日本選手でも2時間5分台なら出せる。思い切った改革をしたい」と抱負を述べた。今後は、米国で実施されている「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」を手本にするという。

 オレゴン・プロジェクトとは、低迷していた米国長距離界を復活させるため、01年に「打倒アフリカ勢」を旗印に結成されたプロ集団。渡辺氏は13年、早大の教え子だった大迫傑と練習を視察。元マラソン選手のアルベルト・サラザールが指導の先頭に立ち、フィジカルやスプリントトレーニングにはそれぞれ専門コーチがつく。チームに理学療法士もいるという、分業とスポーツ科学に基づくトレーニングに「日本は100歩遅れている」と衝撃を受けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  4. 4

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  5. 5

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  6. 6

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  7. 7

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  8. 8

    コロナ再拡大で東京アラート発動 原因は飲食店クラスター

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    毎年のようにケガ、ケガ…柳田悠岐は「不器用な頑張り屋」

もっと見る