マラソン“1億円”で脚光 競歩世界新の鈴木に「報奨金を」の声

公開日:  更新日:

 マラソンだったら大変だ。

 15日に行われた陸上男子20キロ競歩の大会で、鈴木雄介選手(27)が1時間16分36秒の世界新記録をマーク。テレビやスポーツ紙は偉業を大きく報じた。

 鈴木が所属する富士通では、さっそく「特別ボーナス」が検討されているそうだが、記録を出しての「ボーナス」といえば18日、陸上界で巨額のボーナス制度が決定する。20年東京五輪へ向けてのマラソン強化策として、企業などの陸上部を統括する「日本実業団陸上競技連合」が、日本記録を更新した選手に1億円のボーナスを出すことが理事会で決まるのだ。

 マラソンの日本記録は、男子は2002年シカゴで高岡寿成が出した2時間6分16秒。女子は05年べルリンで野口みずきがマークした2時間19分12秒。男子はアフリカ勢が2時間2分台の時計を出す時代だ。2時間6分台の記録に1億円もの価値があるとは思えないが、「マラソンの日本記録で1億円なら、世界新記録の鈴木選手にも、せめて同等額の報奨金を出してもいいのではないか」というのは、陸上ジャーナリストの菅原勲氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る