マラソン“1億円”で脚光 競歩世界新の鈴木に「報奨金を」の声

公開日: 更新日:

 マラソンだったら大変だ。

 15日に行われた陸上男子20キロ競歩の大会で、鈴木雄介選手(27)が1時間16分36秒の世界新記録をマーク。テレビやスポーツ紙は偉業を大きく報じた。

 鈴木が所属する富士通では、さっそく「特別ボーナス」が検討されているそうだが、記録を出しての「ボーナス」といえば18日、陸上界で巨額のボーナス制度が決定する。20年東京五輪へ向けてのマラソン強化策として、企業などの陸上部を統括する「日本実業団陸上競技連合」が、日本記録を更新した選手に1億円のボーナスを出すことが理事会で決まるのだ。

 マラソンの日本記録は、男子は2002年シカゴで高岡寿成が出した2時間6分16秒。女子は05年べルリンで野口みずきがマークした2時間19分12秒。男子はアフリカ勢が2時間2分台の時計を出す時代だ。2時間6分台の記録に1億円もの価値があるとは思えないが、「マラソンの日本記録で1億円なら、世界新記録の鈴木選手にも、せめて同等額の報奨金を出してもいいのではないか」というのは、陸上ジャーナリストの菅原勲氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る