マラソン“1億円”で脚光 競歩世界新の鈴木に「報奨金を」の声

公開日: 更新日:

 マラソンだったら大変だ。

 15日に行われた陸上男子20キロ競歩の大会で、鈴木雄介選手(27)が1時間16分36秒の世界新記録をマーク。テレビやスポーツ紙は偉業を大きく報じた。

 鈴木が所属する富士通では、さっそく「特別ボーナス」が検討されているそうだが、記録を出しての「ボーナス」といえば18日、陸上界で巨額のボーナス制度が決定する。20年東京五輪へ向けてのマラソン強化策として、企業などの陸上部を統括する「日本実業団陸上競技連合」が、日本記録を更新した選手に1億円のボーナスを出すことが理事会で決まるのだ。

 マラソンの日本記録は、男子は2002年シカゴで高岡寿成が出した2時間6分16秒。女子は05年べルリンで野口みずきがマークした2時間19分12秒。男子はアフリカ勢が2時間2分台の時計を出す時代だ。2時間6分台の記録に1億円もの価値があるとは思えないが、「マラソンの日本記録で1億円なら、世界新記録の鈴木選手にも、せめて同等額の報奨金を出してもいいのではないか」というのは、陸上ジャーナリストの菅原勲氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る