3年ぶり「2時間7分台」で大騒ぎ 日本男子マラソン進化せず

公開日: 更新日:

 この程度の記録で「大喜び」とは情けない。

 世界選手権(8月、北京)代表選考会を兼ねた東京マラソンの男子は、今井正人(30=トヨタ自動車九州)が日本歴代6位の2時間7分39秒で日本勢最高の7位。世界選手権代表をほぼ確実にした。優勝はエチオピアのエンデショー・ネゲセ(26)。タイムは2時間6分0秒だった。

 あらためて、世界のマラソン事情を思い知らされるレースだった。今井の出した2時間7分台は、日本選手としては3年ぶり。陸連幹部は、皆相好を崩したものだが、今井より上位選手はすべてアフリカ勢。4位のデチャサはバーレーン国籍でも、エチオピアから国籍変更した選手だ。

 今大会の優勝賞金は800万円。日本記録更新なら500万円、コースレコードなら300万円のボーナスも出る。今や賞金のかかるレースはアフリカ勢の独壇場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る