日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年ぶり「2時間7分台」で大騒ぎ 日本男子マラソン進化せず

 この程度の記録で「大喜び」とは情けない。

 世界選手権(8月、北京)代表選考会を兼ねた東京マラソンの男子は、今井正人(30=トヨタ自動車九州)が日本歴代6位の2時間7分39秒で日本勢最高の7位。世界選手権代表をほぼ確実にした。優勝はエチオピアのエンデショー・ネゲセ(26)。タイムは2時間6分0秒だった。

 あらためて、世界のマラソン事情を思い知らされるレースだった。今井の出した2時間7分台は、日本選手としては3年ぶり。陸連幹部は、皆相好を崩したものだが、今井より上位選手はすべてアフリカ勢。4位のデチャサはバーレーン国籍でも、エチオピアから国籍変更した選手だ。

 今大会の優勝賞金は800万円。日本記録更新なら500万円、コースレコードなら300万円のボーナスも出る。今や賞金のかかるレースはアフリカ勢の独壇場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事